FENとは 発行元情報 有料購読申込 広告掲載 お問い合わせ・FAQ バックナンバー

【株式会社水産タイムズ社】 TEL:03-3456-1414

人☆フォーカス

冷凍自販機普及のカギは「補充」、ルート便を開始
蝪咤錬贈蓮 ̄彑鄲臺深卍

 冷凍自動販売機の代理店で、自販機で扱う商品を同時に提案できるのが強みのSOBO(FROZEN24)。全体の出荷台数は落ち着いたが、商品補充や自販機購入といったハードルを乗り越えられれば、今後も伸びる可能性があると見ている。益川大平社長に聞いた。

≫続きを読む

食品工場訪問記

地中熱と排熱を利用した世界初の水産加工場
甲信食糧「甲府工場」

 地中熱と排熱エネルギーを利用した水産加工工場「甲府工場」を業務用食材地域卸会社、甲信食糧(山梨県中央市、中込武文社長)が甲府地方卸売市場内の甲府市国母6にこのほど竣工、間もなく稼働を開始する。ヾ超に配慮、魚の旨味を引き出す――の2点に注力した。グリーントランスフォーメーション(GX=脱炭素)再エネルギーを実現する未来型の食品工場。

≫続きを読む

お知らせ

「24年版 冷凍食品業界要覧」全国の冷食工場を網羅

 「2024年版 冷凍食品業界要覧」(B5判)が好評発売中です。創刊51年目になる冷食業界人必携のデータ集です。24年版は新企画「メーカーの受託生産可能な工場と品目」を掲載するなど内容を一段と充実させました。冷凍食品関連企業1000社の会社概要から取扱品目、ブランド、連絡窓口までを記載。工場の所在地や工場長名、生産品目も記載しており、売り込みやDM発送に役立ちます。ホームページからご購入できます。

≫続きを読む

ニュースフラッシュ

食品工場探しをサポート、食品開発のプロが仲介

 食品原材料のトレードサイト「シェアシマ」を運営するICS-net(長野市、小池祥悟代表)は食品製造を委託したい企業と製造を請け負う食品工場をマッチングさせる「シェアシマOEM」を本格稼働した。昨年夏にプレオープンしたばかりだが、ベンチャーから大手企業まで取引実績を着実に積み上げている。マッチングの場を単に提供するのではなく、食品の商品開発に10年以上携わったプロが仲介することがポイント。

≫続きを読む

製品LCAをいち早く導入、原料調達から廃棄まで算定

 日清製粉ウェルナは製品の「原料調達」から「生産」、「流通」、「調理・喫食」、「廃棄」までの製品ライフサイクルにおける環境影響の算出手法「製品ライフサイクルアセスメント(LCA)」を製品・施策の評価指標として導入する。国内食品メーカーに先行した取り組み。製品ライフサイクルの各段階の二酸化炭素相当量の排出量を見える化することで「プラスチック使用量は削減できたものの…

≫続きを読む

弁当の定番メニュー「のり弁」が冷凍で登場

 イオンのグループ会社で弁当・惣菜専門店のキッチンオリジンやオリジン弁当などを展開するオリジン東秀(東京都調布市)は「冷凍のり弁当」を7日発売した。オリジンで人気ナンバーワンの「タルタルのり弁当」から得たノウハウを活用して開発した。コロナ禍以降、活気づく冷凍弁当市場だが、日本人に馴染み深い「のり弁」の冷凍商品は異色。わずか3分間のレンジ調理で味わえるとあって、話題を集めそう。

≫続きを読む

納豆菌から新食材、タンパク質危機を解決

 慶應義塾大学発ベンチャー企業のフェルメクテス(山形県鶴岡市、大橋由明代表)は納豆菌を大量培養して乾燥粉末にした新食材「kin-pun(きんぷん)」を開発し、小麦粉や片栗粉の代替としてパン、から揚げを製造することに成功した。納豆に含まれる菌そのものをタンパク質源と捉え、大量生産を実現することで、近い将来起こるとされるタンパク質危機の回避に貢献する。原材料名は納豆菌栄養細胞殺菌粉末。

≫続きを読む

生産現場に潜む7つのムダ、プロが改善策を伝授

 「食品工場改善入門 集大成〜金をかけずにすぐできる!〜」(小杉直輝著)が水産タイムズ社から好評販売中です。著者は製造現場には7つのムダがあると指摘します。ムダの見つけ方からお金をかけないコストダウンの手法、屋台生産方式まで改善の実を上げるためのポイントを写真や図解を多用して解説しています。コロナ禍で人手不足感が急速に高まっている今、現場改善の虎の巻としてご活用ください。※「続きを読む」からお申込みができます。

≫続きを読む
NEWS headline

2025モバックショウ、大阪で来年2月
出品受付けを開始 8月31日まで

 日本製パン製菓機械工業会は「2025モバックショウ」をインテックス大阪(大阪市)で来年2月18〜21日の4日間開催する。隔年開催で29回目。テーマは「未来の食文化を創造する」。出展社の募集をこのほど開始した。募集小間数は1500を予定している。受付けは8月31日まで。記者発表会見を都内で7日開いた。増田文治理事長(マスダック会長)は「2025年は4月に大坂・関西万博、5月に北海道旭川市で全国菓子大博覧会が開催されるなどビッグイベントが目白押しの年になる。

≫続きを読む

業界初、冷媒漏えい修理費を10年間保証

 フクシマガリレイは業務用冷蔵庫などの冷媒ガス漏れによる修理費を10年間全額保証する業界初の新サービスを立ち上げた。まずはノンフロン冷媒のR1234yfを採用した業務用冷凍冷蔵庫(タテ型・ヨコ型)、キューブアイス製氷機の新製品で4月から開始し、25年度以降は全機種・全製品に対象を広げる。保守契約を条件に別置型製品や施工物件も対象とする。冷媒漏えいは冷媒配管や熱交換器の劣化などによって起こりやすく、環境負荷を高めるだけでなく、冷蔵庫やショーケースの冷却不良によるフードロス発生のおそれがある。

≫続きを読む

廃食油だけじゃない、グリストラップの油も再生燃料に

 厨房関連機器の総合メーカー、ASPiA JAPAN(東京都台東区、笹原憲久社長)と、廃プラスチックや廃食用油などの二次資源を利用した発電事業を展開する二次資源ホールディングス(大阪市、廣田耕一社長)は、食品工場や飲食店からグリストラップ(グリース阻集器)の油吸着シート、廃食用油を有価で回収し、再生燃料に精製して販売・発電する新たな資源循環のスキームを構築した。グリストラップの油吸着シートまで再資源化する取り組みは日本初とみられる。グリストラップに溜まった油を吸着したシートは一般的に産業廃棄物として処理する必要があるが…

≫続きを読む

お知らせ

有料購読のご案内

 掲載されている記事はID・専用パスワードがないとご覧頂けません。続きをお読みになりたい方は有料購読(月1000円=税別、1100円=税込、6カ月単位契約)への切り替えをお願いします。

<冷食WEBセミナー募集中>
「冷凍サブスク」の将来性は?
 大丸松坂屋の仕掛け人らが語り尽くす

 水産タイムズ社は「第4回冷食WEBセミナー」を来年2月14日(水)午後2時から配信します。聴講者を当社ホームページで募集中です。今回のテーマは「冷凍サブスクリプションサービス」。講師は冷凍サブスク「ラクリッチ」が話題の大丸松坂屋百貨店 経営戦略本部DX推進部 専任部長 岡崎路易(おかざき・るい)氏、冷食ビジネスコンサルのえだまめ 代表取締役 成田博之(なりた・ひろゆき)氏、(一社)フローズンエコノミー協会 代表理事 山口翔(やまぐち・しょう)氏が務めます。冷凍サブスクの可能性(商機)を様々な視点から探ります。

≫続きを読む

今週のトピックス

<新製品 
冷凍弁当の加熱保温庫 人手不足の介護施設へ提案

 タオル蒸し器やビュッフェ向け製品を製造販売するタイジ(神奈川県川崎市、堀江裕明社長)は単相100V電源のドライ式急速温風加熱システムを搭載した加熱保温庫「ミールウォーマーMW-100」を開発した。冷凍弁当に特化した製品で、一度に20〜30個を加熱保温できる。高齢者介護施設や放課後デイサービス(児童発達支援施設等)などに向けて4月中旬から売り出す。高効率の熱交換ヒーターと強力ファンを組み合わせたユニットを庫内側面に設置した。

≫続きを読む

<新製品◆
「ど冷えもん」冷蔵型に新機種 大袋商品に対応

 サンデン・リテールシステム(東京都墨田区、森益哉社長)は屋外用の冷蔵物販自販機「ど冷えもんMULTI」の新機種を3月15日から販売する。大型専用ストッカーを搭載し、幅270mm×高さ230mm×厚み85mmのサイズの商品を最大48個まで入れることができ、「ます寿司」のような大型パッケージの折詰弁当の販売も可能になる。幕張メッセ(千葉市)で16日まで開催中の「スーパーマーケット・トレードショー」で披露している。

≫続きを読む

<日刊速報冷食タイムス>
味の素の冷凍弁当、想定を大きく上回る

 味の素が手掛ける初の宅配冷凍弁当事業「あえて、」はサブスクリプションサービスで1月31日から提供を開始したが、事業を担当するコーポレート本部R&B企画部アクセラレーショングループは「当初見込んだものより3倍程度の反応が出ており、スタート時としては“ 好調”」と受け止めている。

≫続きを読む

<日刊速報水産タイムス>
シーフードショー大阪、新規出展が増加

 大日本水産会(枝元真徹会長)は大阪市住之江区のATCホールで第21回「シーフードショー大阪」を21〜22日開催する。約230社(308小間、昨年は220社・301小間)の水産関連企業・団体などが出展する予定。

≫続きを読む

<設備投資 
「関西支店」が竣工、自社最大の冷凍倉庫を備える

 C&Fロジホールディングス(綾宏將社長)の事業会社、ヒューテックノオリン(安喰徹社長)は「関西支店」、「同近畿圏共配センター」、「加工営業部関西工場」を大阪府箕面市内にこのほど竣工した。同社最大規模の冷凍倉庫を備えた、新たな基幹拠点となる。センターの収容能力4万9165t。自動ラック、移動ラック倉庫、荷待ち時間削減のためのトラック予約受付システム、ドックシェルター26基(うちオートシェルター3基)、垂直搬送機7基、有軌道台車12台、保税蔵置場、リパック工場等を設備した。

≫続きを読む

<設備投資◆
大阪夢洲に物流拠点、冷食の寄託需要に応える

 横浜冷凍(古瀬健児社長)は大阪市此花区夢洲(ゆめしま)の夢洲物流センターの隣に「夢洲第二物流センター」を9日竣工した。鉄筋コンクリート造4階建て。収容能力は1万5221t(F級1万3404t、C&F級1317t、C級500t)。既設棟合計は4万994t(F級3万8333t、C&F級1317t、C級1344t)。同社の阪神地区の冷蔵倉庫は夢洲第二物流センターで6カ所目(六甲、西淀、舞洲、北港、夢洲、夢洲第二)。保管能力合計13万t超の阪神地区ネットワークを生かし…

≫続きを読む