FENとは 発行元情報 有料購読申込 広告掲載 お問い合わせ・FAQ バックナンバー

【株式会社水産タイムズ社】 TEL:03-3456-1414

人☆フォーカス

バラ物のピックロボ開発、製造ラインの自動化に挑戦
アルトリスト 橋田浩一社長

 食品工場の自動化・省人化を手がけるエンジニアリング企業でロボットSierのアルトリスト(東京都調布市)は豆類や刻みねぎ、コーンなどを自動で盛り付ける「バラ物トッピング装置」の開発を進めている。これまで得意としてきた包装や物流の後工程から上流へ一歩踏み込んだ。製造ラインのロボット化はいまだ発展途上にあり、導入が進まない理由は様々ある。橋田浩一社長は「シンプルイズベスト…

≫続きを読む

ニュースフラッシュ

家畜ふん尿由来の液化バイオメタン、ロケット燃料に

 エア・ウォーター北海道(札幌市、鹿嶋健夫社長)は北海道十勝地方の家畜ふん尿(未利用バイオマス)から製造した液化バイオメタンを小型人工衛星打上げロケット「ZERO」の燃料に利用すると発表した。「ZERO」の開発を進めるスタートアップのインターステラテクノロジズ(北海道大樹町、稲川貴社長)との共同プロジェクト。大樹町の商業宇宙港「北海道スペースポート」内にあるエンジン燃料試験棟で…

≫続きを読む

ブリヂストンのロボベンチャーがセミナー登壇

 惣菜盛付けロボットや容器フタ閉めロボットを開発するコネクテッドロボティクス(東京都小金井市、沢登哲也社長)は、ブリヂストンの社内ベンチャーでゴム製の人工筋肉を使った「柔らかいロボットハンド」(=写真)のビジネス化に取り組むソフトロボティクスベンチャーズとオンラインセミナーを8月3日午後12時から開催する。テーマは「食産業を革新するロボットの新時代到来〜食品ロボットの今とこれから」。

≫続きを読む

特殊冷凍事業の成長性を評価、総額20億円調達

 特殊冷凍事業を展開するデイブレイク(東京都品川区、木下昌之社長)は複数のベンチャーキャピタルからの出資と、金融機関6行からの融資を合わせて総額20億円を調達したと発表した。資金調達ラウンドはシリーズB。特殊冷凍事業の収益性や成長性が評価された。融資は無担保・無保証。デイブレイクは調達資金を使って自社開発の特殊冷凍機「アートロックフリーザー」(=写真)のノンフロン化やIoT機能の拡充…

≫続きを読む

「加熱寿司」が子育て支援大賞、急速凍結機を活用

 妊娠中でも安心して食べられる「加熱寿司」が(一社)日本子育て支援協会(東京都港区)が主催する「第4回日本子育て支援大賞2023」を受賞した。受賞者は加熱寿司(福岡市、渡邊愛代表)。安全においしく食べられる「妊婦食」を開発したことや、「寿司ネタは生」という常識を覆す発想が高く評価された。「加熱寿司」は産婦人科医の監修のもと開発した。加熱後の急速凍結には「凍眠」を活用した。

≫続きを読む

鳥貴族が東北進出、仙台を皮切りに出店攻勢へ

 居酒屋チェーン大手の鳥貴族(大阪市、江野澤暢男社長)は東北エリアに進出する。東北1号店となる「仙台国分町店」を宮城県仙台市内の繁華街に今年秋オープンする。同社は仙台に出店する理由について、全国企業の東北支社が多く置かれる支店経済都市であること、「学都仙台」と呼ばれるように学生比率が高いことを挙げる。全品328円(税抜)均一の鳥貴族は若者や女性、学生からの支持が厚く…

≫続きを読む

「23年版 冷凍食品業界要覧」全国の冷食工場を網羅

 水産タイムズ社は「2023年版 冷凍食品業界要覧」(B5判)を絶賛発売中です。冷凍食品関連企業1000社の会社概要から取扱品目、ブランド、連絡窓口までを記載。工場の所在地や工場長名、生産品目も記載しており、売り込みやDM発送に役立ちます。※「続きを読む」からお申込みができます。

≫続きを読む
NEWS headline

<特集 
次世代型工場、エンジ企業が変化適応をアシスト
アルトリスト、自動化・省人化は待ったなし

 人手不足や原料資材・エネルギーコストの上昇、脱炭素化や働き方改革など食品工場を取り巻く事業環境の変化が激しさを増す中、建設・エンジニアリング企業が様々な解決策を提供し、新たな時代への適応をサポートしている。アルトリスト、大成建設、中設エンジの取り組みから次世代の食品工場に求められる機能や役割を探った。食品製造ラインのエンジニアリング会社、アルトリスト(東京都調布市、橋田浩一社長)はロボットや自動装置を活用した業務用商品ラインの自動化・省人化を得意とし、食品工場の設計・施工管理も手がける。橋田社長は食品工場が抱える課題について真っ先に人手不足を指摘する。

≫続きを読む

<特集◆
大成建設、省エネ・創エネで収支ゼロへ

 大手総合建設会社で食品工場の施工実績が豊富な大成建設(東京都新宿区、相川善郎社長)は近年、カーボンニュートラル実現のサポートに注力している。国が2050年の達成を目標に設定したことで、食品工場も対応を迫られているが、「どこから着手すればいいか」という問い合わせが増えいる。食品工場の設計を手がける設計本部設備設計第三部の奥津健治設計室長は「まずはZEB(=ゼブ)の取得をめざすことを提案する」と語る。ZEBはネット・ゼロ・エネルギー・ビルの略称で、年間で消費する建築物のエネルギー量を大幅に削減するとともに…(写真は施工例)

≫続きを読む

<特集>
中設エンジ、働き方改革は心地よい空間から

 「食品工場においても働き方改革が求められている。労働や生き方に対する価値観が昔に比べて様変わりした影響が大きい」。そう語るのは食品工場建設の総合エンジニアリング企業、中設エンジ(名古屋市、今井重利社長)の喜多道一執行役員エンジニアリング本部長。働き方改革は、今や食品工場の運営に欠かせない要素の1つと指摘する。中設エンジは、様々なジャンルの食品工場建設を手がけている。その中でも、惣菜工場は大量生産の工場と違って無人化が難しく人手を必要とするため…(写真は施工例)

≫続きを読む

お知らせ

有料購読のご案内

 毎月第1週号に限り「無料試読キャンペーン」を行っていますが、それ以外はID・専用パスワードがないとご覧頂けません。続きをお読みになりたい方は有料購読(月1000円=税別、1100円=税込、6カ月単位契約)への切り替えをお願いします。

今週のトピックス

<新製品 
食品工場で活躍、頑丈タブレットに高速処理の新機種

 パナソニックグループの事業会社でサプライチェーン分野の機器・ソフトウェアなどを開発するパナソニックコネクト(東京都中央区)は屋外や過酷な現場に適した頑丈タブレットPCの新モデル4機種を国内法人向けに10月下旬から順次発売する。同社の頑丈で高性能なタブレットPC「タフブック FZ-G2」シリーズは2021年の発売以来、粉末が舞う食品工場や医薬品工場の製造実行システム(MES)の操作端末や、屋外での設備点検・メンテナンスの業務用端末として様々な現場で使われている。新モデルはデータを高速処理したいという現場のニーズに応え…

≫続きを読む

<新製品◆
インバーター冷凍機、店舗向け6馬力が登場

 フクシマガリレイは屋外設置型のインバーター冷凍機「ACTシリーズ」から新たに6馬力、7馬力を8月1日発売する。重耐塩仕様の2機種も同時発売。従来からある1馬力、2馬力、3馬力と各重耐塩仕様を含めてラインナップを合計10機種に拡充する。6〜7馬力はコンビニやミニスーパー、ドラッグストア、飲食店などのプレハブ冷凍冷蔵庫や冷凍冷蔵ショーケース向けで、1台の冷凍機で複数のショーケースを一定制御できる。

≫続きを読む

<日刊速報冷食タイムス>
居酒屋のテンアライド、OEMにも注力

 「旬鮮酒場天狗」などを展開しているテンアライドは2020年3月期末の店舗数118店が、直近では97店とコロナ禍による閉鎖店舗数が同業他社に比べて少ない。食事をメインにした主要業態の1つ「和食れすとらん天狗」でカバーするなど…※この記事は無料試読できます。

≫続きを読む

<新サービス>
氷点下でも湿度95%、農産品の長期保存を実現

 冷熱設備を中心とした食品工場の設計施工を手がけるフードテクノエンジニアリング(大阪市、野田憲司社長)は氷点下で湿度95%RH(相対湿度)を実現する独自開発の高湿度冷蔵庫を使った新サービスをこのほど提供開始した。「高湿度冷蔵庫ソリューション」として、農産品の長期鮮度保持や物流現場の負担軽減など「顧客のニーズに対応する生鮮品保管の新しい答えを一緒に考え、課題解決につなげる」(同社)。高湿度冷蔵庫は強制加湿をすることなく、−5℃〜25℃の低温下で95%RHを実現する。野菜や果物の特性に合わせて、温湿度やガス濃度、風の流れをつくり出すことができ…

≫続きを読む

<新設備>
常温保存可能な紙容器、テスト設備が完成

 日本テトラパック(東京都港区、アレハンドロ・カバル社長)は静岡県御殿場市の御殿場テクニカルセンター内にあるプロダクトディベロップメントセンター(PDC)に紙容器「テトラ・リカルト」のテスト設備をこのほど開設した。これまで製品テストは海外のPDCに持ち込んで行う必要があった。国内に小ロットのテスト設備が完成したことで、缶詰やパウチから紙容器の「テトラ・リカルト」に切り替えた際の品質テストや製品開発を迅速に行うことが可能になった。テストはキッチンで内容物を調理し、「テトラ・リカルト」の容器成型・シール機でパッケージを成型した後…

≫続きを読む

<日刊速報水産タイムス>
千葉にサーモン養殖の商業プラント

 FRDジャパン(埼玉県さいたま市、辻洋一・十河哲朗代表取締役)は、千葉県富津市でサーモントラウト陸上養殖商業プラントを建設することを決定した。着工は2023年7月、26年操業開始(予定)。商業プラントでは、2027年から年間3500t規模のサーモントラウトを…※この記事は無料試読できます。

≫続きを読む

<工場見学>
冷凍うどん、パックご飯の「魚沼水の郷工場」見学再開

 テーブルマークはコロナで中止していた「魚沼水の郷工場」(新潟県魚沼市十日町)の見学会をこのほど約3年半ぶりに再開した。同工場では、冷凍さぬきうどん、パックごはんが出来上がるまでの工程を、見学通路から順を追って見学できる。見学通路には生産工程を解説したパネルや動画ディスプレイを用意している。見学日時は火・水・金曜日(祝日、年末年始、工場の指定休日は除く)の14時〜15時30分。

≫続きを読む