FENとは 発行元情報 有料購読申込 広告掲載 お問い合わせ・FAQ バックナンバー

【株式会社水産タイムズ社】 TEL:03-3456-1414

人☆フォーカス

食品工場の最優先課題は効率化、解決へ伴走支援
中設エンジ 喜多道一執行役員

 食品工場の設計施工実績が多い中設エンジ(名古屋市)は顧客の立場で課題解決に導く「ユーザーズエンジニアリング」を強みとしており、時には顧客の経営会議に呼ばれ意見を求められるなど、経営層からの信頼は厚い。現場にも近く、ニーズの変化を鋭く読み取って、様々なソリューションをいち早く提案している。事業環境の変化が激しい中、食品工場は今何を求めているのか…

≫続きを読む

ニュースフラッシュ

味の素と調理ロボの新興企業が資本業務提携

 味の素は調理ロボット開発のスタートアップ、TechMagic(東京都江東区、白木裕士社長)と資本業務提携をこのほど締結した。両社は「炒め調理ロボット」の開発で2021年10月から協業し、味の素はアミノ酸の研究(アミノサイエンス)をベースにした独自の「おいしさ設計技術」に基づく調味料解析やアプリケーションの提供で開発を支援してきた。炒め調理ロボットの「I-Rabo(アイラボ)」は23年6月に完成し…

≫続きを読む

スーパーでタイミー活用が急増、猛暑続きが理由?

 「働きたい時間」と「働いてほしい時間」をマッチングするすき間バイト募集サービス「タイミー」を提供するタイミー(東京都港区、小川嶺社長)はスーパーでの今年夏の募集人数が急増し、過去最高を記録したと発表した。前年同月比で約22倍、前月比で125%に拡大した。猛暑続きで惣菜部門の販売が好調だったことが影響したとみられる。全国のスーパーの売上げは今年6月まで4カ月連続で前年を上回っており…

≫続きを読む

調味料製造卸の中小メーカーを買収

 エバラ食品工業は粉末・液体調味料の製造卸売会社、丸二(広島市、佐々森浩二社長)の全株式を取得し、完全子会社化すると発表した。取得価額は非公表。10月2日付。「モノづくりの機能と生産体制の強化」(同社)につなげる。丸二は1967年設立。小容量の粉末や液体製品を中心とした商品づくりに定評があり、西日本エリアの味覚やし好を捉えた商品開発を得意としている。少量多品種生産に対応した柔軟な生産体制も構築している。

≫続きを読む

ヒートポンプをビール製造に活用、導入範囲を拡大

 キリンビールは福岡県朝倉市の福岡工場で使用しているヒートポンプの導入範囲を今年11月から湯製造工程に拡大する。工場内の省エネルギー化をさらに進めて、GHG(温室効果ガス)排出量を年間約489t削減する。グループが掲げるGHG排出量の中長期目標に向けて省エネ化の取組みを加速する。キリングループはすでに国内6工場にヒートポンプ技術を導入し、年間約4800tのGHG排出量を削減している。

≫続きを読む

アニマルウェルフェアに配慮のマヨ発売

 キユーピーは平飼い卵を使用した瓶詰めの「キユーピー 平飼い卵マヨネーズ」を通信販売や共同購入、百貨店など販路を限定してこのほど販売開始した。世界中で関心が高まっているアニマルウェルフェア(動物福祉)に配慮した新商品。平飼い卵の卵黄をたっぷり使い、コクとうま味を引き立たせた。アニマルウェルフェアに対する考え方は欧米を中心に広がっており、ケージ飼いの規制などが行われている。

≫続きを読む

生産現場に潜む7つのムダ、プロが改善策を伝授

 「食品工場改善入門 集大成〜金をかけずにすぐできる!〜」(小杉直輝著)が水産タイムズ社から好評販売中です。著者は製造現場には7つのムダがあると指摘します。ムダの見つけ方からお金をかけないコストダウンの手法、屋台生産方式まで改善の実を上げるためのポイントを写真や図解を多用して解説しています。コロナ禍で人手不足感が急速に高まっている今、現場改善の虎の巻としてご活用ください。※「続きを読む」からお申込みができます。

≫続きを読む
NEWS headline

「マルチ配膳ロボ」始動、下げ膳時間を4割削減

 NECプラットフォームズは飲食店向けのPOSシステム・オーダーエントリーシステム「FoodFrontia」と複数の配膳ロボットを連携させた「マルチ配膳ロボット連携」サービスをこのほど提供開始した。料理の注文から厨房への伝達、会計までデータをスムーズに連動させる店舗運営システムがメーカーの異なる複数の配膳ロボットとつながるのは国内初。同社によれば会計後の自動下げ膳機能や客によるセルフ下げ膳機能などで下げ膳の所要時間を40%削減することが可能という。店舗運営システムはこれまで配膳ロボ1機種にしか対応できなかったが…

≫続きを読む

食品大手が中継リレー、24年問題に本腰

 食品メーカー大手5社が共同出資で立ち上げた食品物流のF-LINE(東京都中央区、本山浩社長)は2024問題に対応するF-LINEプロジェクト第2期の取組み状況をこのほど公表した。第2期プロジェクトでは「前工程(中長距離輸送)」と「中心工程(配送、配送拠点)」、「後工程(製・配・販物流整流化)」を担当する3チームに「全行程横断」で標準化・効率化を推進する1チームを加えた計4チーム編成で課題解決へ向けた取組みを進めている。今回は中距離輸送対応チームの取組みとして、カゴメ日清製粉ウェルナによる中継リレー輸送を開始したことや…

≫続きを読む

お知らせ

有料購読のご案内

 毎月第1週号に限り「無料試読キャンペーン」を行っていますが、それ以外はID・専用パスワードがないとご覧頂けません。続きをお読みになりたい方は有料購読(月1000円=税別、1100円=税込、6カ月単位契約)への切り替えをお願いします。

今週のトピックス

<好決算>
冷凍機器の部材不足解消、各社とも業績上方修正

 主要な冷凍冷蔵機器メーカーの2023年1〜6月期決算はコロナ5類移行による外食需要の回復や部材不足による製品の供給制約が解消に向かったことで、各社ともに増収増益を達成し、通期業績予想を上方修正した。最大手のホシザキが10日発表した業績は売上高が前年同期比22.3%増の1837億9100万円、営業利益が73.4%増の229億9400万円と大幅な増収増益となった。国内はメインの外食市場だけでなく、飲食外市場の開拓を積極的に進め、冷蔵庫や製氷機、食器洗浄機などの拡販に努めたことが奏功した。

≫続きを読む

<設備投資>
牛肉加工センター新設、スキンパック包装で輸出拡大へ

 伊藤ハム米久ホールディングスの子会社で輸出向け食肉事業の中核を担うサンキョーミート(鹿児島県志布志市、古賀満社長)は「ビーフパックセンター」を敷地内に新設した。輸出専用オリジナルブランド和牛「ITO WAGYU」の輸出拡大や国産牛肉の国内向け産地パックの需要増加に対応する。ブロック形態に限らず、スライス加工にも対応できるようになったことで、スキンパック包装による少量パックでの商品展開が可能になった。輸出先での加工作業時間の短縮やロス削減につながるほか…

≫続きを読む

<日刊速報水産タイムス>
くら寿司史上最高のマグロが完成

 くら寿司(大阪府堺市、田中邦彦社長)は“くら寿司史上最高のマグロ”と銘打った「熟成まぐろ」フェアを期間・数量限定でこのほど開始した。独自の熟成技術に「ふり塩加工」を取り入れることでマグロ独特の旨みを最大限に引き出した「ふり塩熟成まぐろ」を提供する。※この記事は無料試読できます。

≫続きを読む

<需要予測>
自動発注の効果検証、発注確定日を大幅前倒し

 需要予測・自動発注システム開発のシノプス(大阪市、南谷洋志社長)は伊藤忠商事と連携して構築に取り組んでいる「食品デマンド・チェーン・マネジメント(食品DCM)」の実証実験を新潟県の食品スーパー、ウオロク(本社新潟市)で開始した。需要予測に基づいた自動発注で物流センターの在庫圧縮と、特売品の納品リードタイムの大幅延長を試みる。サプライチェーンマネジメント(SCM)が商品の供給側の情報を基点とするのに対し、食品DCMは需要側(消費者等)から得られる情報を基点として商品開発や生産・供給計画、流通、販売体制などを…

≫続きを読む

<新売場>
ドラッグ展に冷食集う、存在感増す売場に企業着目

 ドラッグストアに関する国内唯一の総合展、第23回JAPANドラッグストアショーがこのほど東京ビッグサイトで開催された。食品関係は食と健康ゾーン、フーズ&ドリンクゾーンに集中展示。来場者の高い関心を集めた。日本アクセスはDelcyブランドの調理済み冷凍素材、冷凍ペットフードなどを展示。9月発売する新製品「切れてるサラダチキンとおだしのブロッコリー」を試食提案し、来場者の注目を集めた。冷凍ペットフードはいなばペットフードが…

≫続きを読む

<日刊速報冷食タイムス>
ピエトロ初の公式ストア、名古屋に登場

 ピエトロは定番のドレッシングをはじめ、パスタソースやスープ、冷凍パスタなど全14シリーズからアイテム数80点以上の商品を取り揃えた初のオフィシャルストアを名古屋市内の複合商業施設「ラシック」に24日開業する。店頭ではスープを中心に試食も実施し、全国各地へ発送できるギフトにも対応する。※この記事は無料試読できます。

≫続きを読む

<新製品 
大型ブラストチラーに低GWP冷媒を採用

 フクシマガリレイは加熱した食品の粗熱取り・冷却・凍結を急速で行う大型ブラストチラー/ショックフリーザーを環境配慮型にモデルチェンジし、9月1日発売する。冷媒を従来のR410Aからグリーン冷媒のR448Aに切り替えた。GWP(地球温暖化係数)を約33%低減する。省エネ設計にもこだわり、熱交換器の採用と整流板の追加によって冷却効率を高めた。従来機種に比べて年間消費電力量を約35%減らすことができる。

≫続きを読む

<新製品◆
温冷配膳車を改良、仕切り・フラットの両トレイに対応

 ホシザキは温冷配膳車と再加熱カートをモデルチェンジし、利便性を高めるとともに食事の品質の向上、省人化を支援する新機能を搭載した。10月から順次売り出す。病院や高齢者施設などでは慢性的な人手不足を背景に外部への調理委託、完全調理済み食品の採用が増えており、温冷配膳車と再加熱カートの導入も広がっている。現場では利便性がより高く、満足度の高い食事を提供できる機能が求められている。ホシザキは今回のモデルチェンジで温冷配膳車に「仕切りトレイ」、「フラットトレイ」を区別なく…

≫続きを読む